T0025「自然豊かなところで熱帯魚やかわいい動物を飼いながらガーデニングをしてみたい。着物関係の職場で働き休日は英語で書かれた素敵な本を読んで過ごしたい」

T0025「自然豊かなところで熱帯魚やかわいい動物を飼いながらガーデニングをしてみたい。着物関係の職場で働き休日は英語で書かれた素敵な本を読んで過ごしたい」
The following two tabs change content below.

"限りある人生を丁寧に生きる" 津田

ゆめのちからの発案者として、日々、実践と研鑚に励んでいる。ゆめは「子どもの幸福度を世界一にすること」。丁寧な毎日を送ることを大切にしている。

最新記事 by "限りある人生を丁寧に生きる" 津田 (全て見る)

自分のお気に入りのものに囲まれて生活をする

 

 

これはゆめを叶えていく上で非常に大切なことだと思います。

 

自分のゆめの実現のために非常に重要な要素の1つとして日常にワクワクするものがあるかということが挙げられます。

 

 

遠足やクラス替えの前の日のようなワクワク

 

 

新生活が始まる前の桜の木を眺めるようなワクワク

 

 

こういった気持ちを忘れてしまった人は是非自分がワクワクするものは一体なんなのか考えてみてください。

 

 

でもこれをすると◯◯が…

 

今の自分では難しいだろうな…

 

 

 

そういったブロックを一度外して本当にやりたいことを考えてみてください。

 

 

今すぐに実現することは無理でも

 

 

今すぐに一歩踏み出すことは簡単にできます。

 

 

ゆめを実現していこうと思えば自分自身が良い状態を保つ必要があります。

 

 

自分の好きなものを知っておくようにしましょう。

 

 

日々の生活に疲れないように自分のワクワクする時間をとりましょう。

 

きっと少しずつ何かが変わってくることでしょう。

 

 

実践レポート

 

今回は将来のやりたい仕事はまだはっきりとは決まっていないけれども、やってみたいことがたくさんあるクライアントの紹介です。自分自身にとって心がときめくものをたくさんはなしてくれました。

 

T:津田

C:クライアント

 

クライアント情報

学年:小学6年生

性別:女性

実施場所:学習塾

実施タイミング:自習中

 

経緯:コツコツ努力を積み重ねる性格。ただ、恥ずかしがりやで自分のことをあまり話すのは得意ではない。少しずつゆめについて話をしていく中で自分の好きなことを話すことができるようになってきた。

 

 

ゆめを引き出す

 

T「将来はどんなことしてみたい」

C「ん~よくわかんない」

T「そうだよね。何かやってみたいことはあるかな」

C「熱帯魚を飼いたいな」

T「いいね。どんなのが好きなの」

C「可愛いのがいいな。小さくて可愛い魚がたくさんだったら嬉しい」

T「そうなんだ。じゃあ将来は熱帯魚飼えたら嬉しいんだね。他にもあるかな」

C「お花がたくさんあるといいな」

T「そっか、そっか。大原にベニシアさんっていうハーブを育てる人がいるけどそういった生活いいよね」

C「うん。(笑顔が出てくる)ハーブとか花をガーデニングでいろいろ育ててみたい」

ゆめを点数化する

 

T「すごいね。もしそれが叶ったら百点満点で何点くらいつきそうかな」

C「80点くらい」

 

※高い点数を付けた場合は話した内容を大切にしている

 

T「いいね。どんなところに住んでガーデニングしたりや熱帯魚を育てたりしたいとかあるかな」

C「おばあちゃんの家みたいなところがいい。私自然が好きだから」

T「そうだったんだ。そういうのいいよね。じゃあ自然いっぱいのところでさっき話した内容ができたら何点くらいになりそうかな」

※満点になるまで引き出していく

 

C「90点くらい。あとは小さな動物を飼いたいな。それと、西陣織が好きだからそういった着物を作る仕事もしてみたい。

T「めっちゃやりたいことあるやん。もしそれが全部叶ったら何点くらいになるかな」

C「百点満点」

T「いいな~。先生もハーブティー結構買いに行くから〇〇ちゃんがハーブを育てるようになったら買いに行くね」

C「うん、後もう一つやりたいことあった。英語の本とかも読んでみたい。かわいい表紙の本。そんな本棚があったら嬉しいな」

T「洋書いいよね。表紙が素敵な本も多いし。それなら今のうちから英語の勉強も始めてみる?もう直ぐ中学生になるし」

C「始めたい!」

T「うん。じゃあ単語を少しずつやっていこうか」

 

それからしばらく単語の練習を頑張っていた。

月曜は算数を40分やって単語を残りでやっていくことになった。

 

 

セッションを通して

 

今回のセッションを通して感じたことは自分自身がやりたいことがまだはっきりとなくても自分がどのようなものが好きかということから将来のビジョンを持つことでそれがゆめにつながっていくということです。

 

普段はあまり話すことが苦手な子どもであっても自分の好きなものを紹介する時はとても輝いて笑顔になります。

そういった自分の好きなものに囲まれることでわくわくしながら日々を送ることができたら幸せだと思います。

 

About "限りある人生を丁寧に生きる" 津田

ゆめのちからの発案者として、日々、実践と研鑚に励んでいる。ゆめは「子どもの幸福度を世界一にすること」。丁寧な毎日を送ることを大切にしている。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

"限りある人生を丁寧に生きる" 津田

ゆめのちからの発案者として、日々、実践と研鑚に励んでいる。ゆめは「子どもの幸福度を世界一にすること」。丁寧な毎日を送ることを大切にしている。

最新記事 by "限りある人生を丁寧に生きる" 津田 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です